読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイホームを楽しもう

低燃費住宅でおうちを建てました。マイホームに関するあらゆることに興味を持ち続けたい。そんな思いで続けています^^

住宅ポイントがグレードアップして再登場

エコ商品、エコ政策

こんばんはー

シンシーです^^

 

本日は住宅ポイントのことについてです。

以前も行われていたポイントですが、このたび復活しています。

 

一般住宅

(全ての構造)

A省エネ法に基づく「トップランナー基準」の一戸建て住宅

エネルギーの使用の合理化等に関する法律(以下、「省エネ法」)に基づく特定住宅に必要とされる性能の向上に関する住宅事業建築主の判断の基準(以下、「トップランナー基準」)に適合する一戸建ての住宅。

B省エネ法に基づく「トップランナー基準」相当の共同住宅等

本制度の対象となるトップランナー基準相当の基準として定める「省エネ住宅ポイント対象住宅基準(共同住宅等)」に適合する共同住宅、長屋その他の一戸建て住宅以外の住宅。

C一次エネルギー消費量等級5の性能を有する住宅 (低炭素基準相当)

「住宅の品質確保の促進等に関する法律(以下、「品確法」)に基づく日本住宅性能表示基準で定める一次エネルギー消費量等級5の性能を有する住宅。

木造住宅

(確認済証、建築工事届等において、主たる建築物の構造が「木造」と記載されている住宅)

D一次エネルギー消費量等級4の性能を有する住宅 (H25基準相当)

品確法に基づく日本住宅性能表示基準で定める一次エネルギー消費量等級4の性能を有する住宅。

E断熱等性能等級4の性能を有する住宅 (H25基準相当)

品確法に基づく日本住宅性能表示基準で定める断熱等性能等級4の性能を有する住宅。

F省エネルギー対策等級4の性能を有する住宅 (H11基準相当)

品確法に基づく日本住宅性能表示基準で定める省エネルギー対策等級4の性能を有する住宅。

発行ポイント数

1戸あたり300,000ポイント

 

 以上のような内容がYKKAPさんのHPに掲載されていました。

国の政策の一つであり、一度なくなりましたが復活しました^^

長期優良住宅や低炭素住宅と同等の住宅なら問題なくもらえるポイントです。

このポイントは即時発行できるということで、つまりその住宅にかかった費用にも流用できるとのことです。

1ポイント1円ですから30万円分使えると言う計算です。

このポイントは・・・

  1. 省エネ・環境配慮に優れた商品
  2. 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品、復興支援)
  3. 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)
  4. 環境寄附・復興寄附

に使えると言うことです。まあしかしまず1に使う人が多いんじゃないでしょうか。

国としては住宅にかかる費用を一部手当てしてあげて少しでも消費を促す方法という面と、そのお金が省エネに限定されて使用できるので住宅性能に寄与し、少しでもエコな家を増やそうと言う一石二鳥の政策です。やらない手はないですよね^^

 

 

 

 

 ↓内容が良かったときにはポチッをお願いします~

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする