マイホームを楽しもう

低燃費住宅でおうちを建てました。マイホームに関するあらゆることに興味を持ち続けたい。そんな思いで続けています^^

耐震性って一体何を保証するのか その3  制震、免震について

こんばんはー。シンシーです。

地震の話題は続きます。

今回は地震と住宅性能についての話題です。

 

住宅の性能というと一番大きくかかわりそうなところは材料と建築方式なんじゃないでしょうか?

つまり木と鉄で違うと思うし、それぞれどのように組み立てるかでも違いが出てくる気がしますよね。

これも素人考えでしょうかね。

日本耐震診断協会のサイトではこの疑問を即解決してくれますw

 

www.taishin-jsda.jp

 

この中には以下のように書いてあります。

 

一般的な建物に用いられる建物の構造には、主に「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」「鉄骨鉄筋コンクリート造」があります。

現行の建築基準法では、どの構造の建物であったとしても震度6強から震度7程度の地震に耐えられるよう基準が定められています。
このため、構造が違ったとしても耐震性能に大きな差はありません。

 

身もふたもないような一刀両断的な文章ですよね。

どの建物でも変わらないと言っているわけです。

木造は木造の良さが、鉄骨なら鉄骨の良さがあるというわけです。

細かいところはわかりませんが、これらを証明してくれるものがあります。

耐震等級です。

耐震等級は法律でも定められた立派な耐震性能を表す指標です。

f:id:cincy:20160428175205g:plain

ところがこの立派な等級の中身は・・・

なんともアバウトな感じですよね。数百年に1度程度発生する地震力がどこを想定しているかもわかりませんし・・・

だけど品確法という法律で決まっているので、錦の御旗のような説得力が生まれてしまっているのです。

これだけ見ると・・・耐震等級1でも問題ないと判断しちゃいそうですよねw

 

このたびの熊本自身の倒壊件数は想定を超えていたらしいです。

以下はyahooニュースから

 

熊本県は4日、熊本地震による住宅の全半壊が県内で3万1025棟になったと発表した。

 県は先月末、仮設住宅を4200戸供給する計画を発表したが、算出の根拠となる全半壊棟数が、当初想定していた8000棟の4倍近くに膨らんだことになる。仮設住宅が不足する可能性が高いことから、県は必要戸数を精査し、増設を検討する。

 県は4月14日の「前震」1週間後に約1万棟の損壊を確認し、一部損壊を除く約8000棟を全半壊と推定。供給計画を作るに当たっては、2011年の東日本大震災後の岩手県を参考に、自宅が全半壊した世帯のうち35%が仮設住宅を必要とする、と見積もった。

 その結果、プレハブ仮設の建設数を2100戸と算出。民間のアパートなどを借り上げて無償提供する「みなし仮設」は、準備可能な全2100戸を確保することとし、先月末、計143億円を予算措置した。

 

抜粋おわり

何棟が耐震等級3だったのかは今後公表されるんですかね・・・

少ないはずという台詞が専門家から聞こえそうですが、そもそもが百年に1度の地震以上にまれな地震が来たのですから、等級3でも怪しいと思ってしまいます><

 

住宅性能を上げるのはもちろん必要な措置だと思いますが、やはり想定できないほどの地震が来る以上、地震があってもむしろ家が揺れないような方法が一番良いのではないかと素人ながら思ってしまいます。

 

そういう方法はむろんあります。

制震、免震  の概念です。

 

www.gensin.jp

上記のリンクには以下のように書かれてありました。

耐震とは

建物の骨組みなどを強化し地震の揺れに対し建物の崩壊を防ぎます。

制震(Hiダイナミック制震工法)とは

地震時に発生する建物の揺れを制震装置が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくく揺れを低減する仕組みです。それにより揺れをしっかり抑えます。

免震とは

地震の衝撃(揺れ)を吸収し、地震のエネルギーを建物に伝わりにくくする仕組みです。

 

 

f:id:cincy:20160505115255g:plainf:id:cincy:20160505115308g:plainf:id:cincy:20160505115255g:plain

とありました。

このサイトには制震が良いと書かれてあります。

何故か・・・簡単です。導入金額が少ないからです。

 

f:id:cincy:20160505115504p:plain

 

この黒い物体が制震システムの1つです。

ある工務店にはこういうのは意味がないって言ってましたw

だけど他の工務店では勧められました。

つまりこの業界の人でも意見が分かれるということでしょうか。

意味がないことはないんでしょうが、費用に対しての効果が怪しいということかもしれません。しかし免震よりかは安そうです。

免震はどういうものか・・・

f:id:cincy:20160505115744j:plain

 

基礎に装着されてあります。つまり後付けはまず無理なものだということですね。

なんとなく制震装置よりかかりそうに思いません?お金・・・w

また、上記の写真から分かるようにマンションとか高層ビルにつけられている装置です。おおがかりですが、個人的にはこの免震が一番効果的なような気がします。

直接地下から来るエネルギーを減衰させそうじゃないですか。直感的に分かりやすい。

 

工務店にはこの装置は勧められませんでした。なので当分個人の家にはつかないだろうと思いますw

だけど制震装置は十分付ける価値はあるんでしょう。

それでも何回も連続してくる地震をさばけるかどうか・・・私ら素人にはわかりません><

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓内容が良かったときにはポチッをお願いします~

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


住まい ブログランキングへ


一戸建て ブログランキングへ

広告を非表示にする