読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイホームを楽しもう

低燃費住宅でおうちを建てました。マイホームに関するあらゆることに興味を持ち続けたい。そんな思いで続けています^^

スウェーデンドアにキックプレートをDIYで装着してみた

こんばんはー。

シンシーです。

すっかり寒くなってきました。もう11月です^^

家の中は相変わらず快適です。まあ温暖な地域なので、別にこの家でなくても快適な時期ですがね・・・w

 

 

さて、今回はドアの話でも。

というのも実はスウェーデンドアをつけて、綺麗なドアだと感動していた私でございますが・・・どうしても構造上雨に当たることと日射を浴びることの2つが重なり・・・どんどん劣化しましたw

 

f:id:cincy:20160602162514j:plain

前回のメンテナンス後の写真。築後半年です。

実はすこしカビが残っているんですが、だいぶとれてました。

ドアは少しずつ色あせている状態です。日射と雨のせいでしょう。

 

そして今回さらに半年、つまり築1年ではというと・・・

 

実は直前の全体の写真を撮り忘れてました><

なので、局部だけの写真を載せますね。

f:id:cincy:20161106204841j:plain

うわっ!  ひどっ!

黒カビが再び力を取り戻している始末>< 

 

やすりをかけた直後の

写真の全体写真はこれ・・・

f:id:cincy:20161106204632j:plain

引いて写真を撮ると近くのときより黒さは気になりませんが、前回と違い明らかにカビが付着しており、近くでみるとおぞましいw

色の違いが目立つのはやすりをかけたからというのもあります・・・

この時点でだいぶ黒色は除けたと思いましたが、まだまだですね><

f:id:cincy:20161106205307j:plain

ご覧のものを使用しています。やはり器械は必要です。

以前は手でやりましたが、大変w  今回はサンダを使用しています。

実は前回も持っていましたが、どうしても子供にさせたかったことと、実際どれくらいの手間なのかを知るため使用しませんでした。今回使用してみて・・・やっぱ楽!w

120番を使用しています。

 

f:id:cincy:20161106205531j:plain

全体に3回やすりをかけました。ドア全体の光沢がなくなっていると思います。それでも下の方が色あせている・・・紫外線のパワーでしょうか。それだけじゃないのかな・・・?

 

さて、ここにオイルステインを塗りました。クリアーで、風合いは損なわないように・・・

 

f:id:cincy:20161106205718j:plain

だいぶ色違いの鮮明さがぼけましたね。

と同時に光沢が戻りました。ドア下部の色ムラは、たしかにぼけましたが、近くでみるとかなり気になりいろいろ手を出しましたが、ほとんど修正できず。写真で見るとかなり違いがあるように見えますが、実際はそれほどでもないなと思い、このまま続行です。

 

ここに本日のメインであるキックプレートの装着です。DIYですね。

工務店から代理店への直接取引しかしておらず、一般客が突然買うっていうのはだめらしいです><なので定価。  うーん。なんとなく違和感ww

2万円以上します。

(ちなみに余談ですが、これくらいなら自分でホームセンターで用意しても大丈夫な気もします・・・銅板カットもしてくれるホームセンターあるんじゃないかな・・・。メーカー代理店で購入する唯一のメリットは表面の凹凸の綺麗さでしょうか。これは綺麗だな。うんうん^-^)

 

で、届いたキックプレートはこんなやつ^^

f:id:cincy:20161106210108j:plain

 

実はDIYは以前からやってることもあり、道具は揃えている方です。

(今は思ったよりできてませんが・・・)

って話はそこじゃなくて銅板ですねw

実は銅板、傷があるじゃんと思い裏にすると・・・?

f:id:cincy:20161106210501j:plain

写真まで裏になってますが、それはさておき・・・

なんと銅板の色が違う。奥さんに銅は裏のような色を想定してたけどって尋ねたら、シール剥がしたら?っとそっけない返答・・・  この温度差(´;ω;`)!!

そうでした。やはり養生と同じ概念ですよね。シールが貼られていました^^

あせってると自分に反省です><

 

で、さっそくこの銅板をつけてみました^^

ネジも銅色に近いビスがあらかじめついてきていまして、それをすべて取り付けると・・・

 

f:id:cincy:20161106210813j:plain

 

この写真でやはり無垢材の色落ちを機にされる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか・・・^^

しかし案ずることなかれ!いずれ馴染むはずです(期待もこめてw)

色に違いがあり、突然新品を取り付けると変な感じの印象を受けるかもしれませんが、これが時間が経っていく中で見事に調和していき、きれいな経年変化を見せる予定です。

やっぱ無垢のフローリングもこのスウェーデンドアも、今持っている個人的に大好きな革製品もそうですが、どれも経年変化が素晴らしい!

と思えるように記録を残していきますよ!

細々長ーく続けていきたいと思っています^^

 

ちなみにキックプレートはアメリカで生活しているときにはよく見かけました。おそらく雪が当たりさらに傷むのを防いだり、雪によるドア汚れを防いでいるんだと思います。日本はあまりキックプレートありませんよね。雪国ではあるかもしれませんが・・・少なくとも私の周りではあまり見かけません^^

 

 

とりあえずDIYでのキックプレート取り付けは成功しました。

引き続きドアの変化をアップしていきますね^^

 

 

ところで・・・この銅の経年変化、気になりませんか?

結構興味深い物質だったりします。味があるんですよ~

また次回にでも^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓内容が良かったときにはポチッをお願いします~

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


住まい ブログランキングへ


一戸建て ブログランキングへ

広告を非表示にする