読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイホームを楽しもう

低燃費住宅でおうちを建てました。マイホームに関するあらゆることに興味を持ち続けたい。そんな思いで続けています^^

高気密高断熱住宅のデメリットとは?

断熱、気密

こんばんはー  シンシーです^^

今から家を建てようと考えられている方に高性能の住宅の良さが伝えられたらと半分おこがましい気持ちで、だけど基本は備忘録として記載していってます。

f:id:cincy:20150412220814j:plain

 

 

さて、今回のお題は高気密高断熱住宅のデメリットです。

デメリット。どんな事柄にも必ず光と影があるようにメリットとデメリットが存在します。では高気密高断熱住宅の場合はどうでしょうか・・・。

 

 

1、息苦しい

2、乾燥しすぎ

3、暑くなりがち(熱が逃げにくい)

4、イニシャルコストがかかる

 

ぐらいでしょうか。いくつかのサイトを参考にさせていただきました。

これらの中で一番ハウスメーカーにけちょんけちょんに言われたのが1、の息苦しいです。

「息苦しいところに住みたいですか?」

今思っても衝撃的な内容ですよ。これはまだそれほど私も知識がなかった時の話です。その時は、あ、そういう考え方もあるんかって感じでしたが、これほどばかな答えもないですよね。

1、の息苦しいですが、これは換気が悪いとそうかもしれません。2、の乾燥しすぎというのも換気の方法次第です。

1、は昔高気密高断熱住宅でシックハウス症候群になる人が話題になりました。原因は建材にある化学物質のせいなのですが、換気が義務付けられておらず、結果として淀んだ空気と化学物質が家の中にたまり症状として出たわけです。

この状態を解決するために住宅に換気システムを装備することが義務付けられました。よって息苦しいというのは解決された問題となってます。

 

2、の乾燥しすぎ  ですが、これが一番の問題点かもしれません。湿気が入り込みにくくなっていますので、どうしても乾燥しすぎてしまいます。場合によってはのどが渇き咳が出やすくなるかもしれません。これを軽減させる方法は植物を置く、加湿器をつける、高機能の換気システムにする、等が考えられます。

またいつか話してみたいトピックスですね。

 

3、の暑くなりがち  ですが、これも対策の仕方があります。太陽熱を吸収することにより冬の寒さをしのぐように出来ている住宅が高気密高断熱です。つまり家に入った熱を逃がさない・・・ということですね。

なので夏はいったん熱が入ると暑さがキープされてしまうのが難点です。

なら 熱が入らないようにすればいいんじゃないの!  その通り。

つまり太陽が部屋に当たらないようにするのです。パッシブな設計を行い、夏は庇で太陽が部屋に当たるのを防ぎ、冬は斜めからの太陽光は部屋に取り込む設計をすればよいのです。

 

f:id:cincy:20150412221140p:plain

4、のコストですが・・・これはお金をためるしかありませんね><

これも問題点かもしれません。しかしそこを踏ん張れば手が届く範囲となります。高気密高断熱でも安くなる傾向にあるらしいので、近い将来改善されるかもしれません。

 

 以上簡単に列挙しましたが・・・基本として対策はすべてあります

これらの対策しうるデメリットを考えるよりはるかに多くのメリットが存在しますので、やはり高気密高断熱住宅は素晴らしいとなります。

 

 

息苦しかったら??そういや窓を開けるってのも方法ですね。いつでも昔ながらの換気方法に戻せますね^^

でも家の建ち始めに高気密高断熱でなければ・・・ずっと昔ながらの換気方法しか選択できないのです><

 

 

 

 

 

 

 ↓内容が良かったときにはポチッをお願いします~

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする